安倍 総理 会見 時間。 安倍首相が国会で明らかにした「総理会見=出来レース」のメカニズム(亀松太郎)

安倍首相 28日会見で健康状態にも言及の見通し

そしてその実行のめどを立てる。 このことは、AP通信出身のジャーナリスト・神保哲生さんがすでに指摘していたが、国会で首相がはっきりと答えたのは異例のことだ。 今が正に感染拡大のスピードを抑制するために極めて重要な時期であります。 本当に大変な御苦労を国民の皆様にはおかけしますが、改めてお一人お一人の御協力を、深く深くお願いする次第であります。 今思えば、総理はもう少し、こういった決断をされる前にしっかり休んでおけばよかったとか、もうちょっとめり張りをつけておけばよかったとか、そういった後悔はありますでしょうか。 安倍晋三首相の辞任について、茂木氏は「安倍首相の下で一緒に仕事をしてきて本当によかった。

もっと

新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見への参加について

その上で、首相は「ただ国民の皆様から厳しい批判もあった。 17:55 江川紹子さん、IT化の遅れの原因を追及 安倍晋三首相の記者会見では、フリージャーナリストの江川紹子さんが質問した。 まだ次の衆議院選挙については、これは正に有権者の皆様も判断することでもございますが、私としては、基本的には一議員として仕事をしていきたいと思っております。 「これは私自身、自分一人で判断をした」 17:50 野田聖子氏、総裁選に「手挙げて以来、一日たりとも変わっていない」 自民党の野田聖子元総務相が党総裁選について「(過去の総裁選で)手を挙げて以来、一日たりとも変わっていない」と記者団に述べ、立候補に意欲を示した。 総理と協議しながらものごとを進められたと、本当に感謝している」と語った。 その中で、現場の皆さんはベストを尽くしていただいているものと思います。 この間、官僚の忖度(そんたく)や公文書の廃棄、改ざんなど、負の側面も問われたかと思います。

もっと

令和2年8月28日 安倍内閣総理大臣記者会見

19:05 首相、私邸に戻る 軽い足取りで「お疲れさん」 安倍晋三首相は記者会見を終え、都内の私邸に戻った。 (安倍総理) まず、清和会でございますが、清和会は細田派でありまして、細田さんが会長でございまして、細田会長の下、皆さんでどう臨まれるかということは、政策グループとして恐らく議論するかもしれないと思っておりますが、私は総裁を辞めていく立場であり、私が何か次の総裁選に影響力を行使しようということは、これは全く考えておりませんし、そうすべきでもないだろうと思っております。 冬に向けてはコロナに加え、インフルエンザなどの流行で発熱患者の増加が予想されます。 歴代の政権が挑んできた課題であります。

もっと

安倍首相が国会で明らかにした「総理会見=出来レース」のメカニズム(亀松太郎)

今回のウイルスについては、いまだ未知の部分がたくさんあります。 後列真ん中の女性の方。 17:40 憲法改正「残念ながら世論が十分に盛り上がらなかった」 異例の長期政権を実現した安倍晋三首相だが、悲願の憲法改正は実現できなかった。 ましてや大きな責任を背負う一国の首相だ。 総理大臣の職を辞することといたします。

もっと

安倍首相が国会で明らかにした「総理会見=出来レース」のメカニズム(亀松太郎)

政党(政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律第3条第1項に規定する「政党」をいう。 コロナもある中で、今、今日、どうっていう感覚にはなれない。

もっと

安倍総理が50日ぶりに(嫌々ながら)会見開くも、わずか15分あまりで”強制終了”!朝日新聞が「(追加質問をしようとする)記者が官邸職員に腕を掴まれた」として抗議!

首相が4問目の安全保障戦略の見直しに関して答え終えると、記者席から「まだ質問があります。 参加者は、報道倫理を厳守するとともに、入館手続や官邸内での移動・取材などに当たり、官邸職員の指示に従ってください(大ホールでは、記者席からの撮影、個人の資格による動画の撮影はお断りしております。 「マスクについても様々なご批判もいただいたが、マスクの配布を始めることによって、需要と供給の関係から、相当供給も出てきた。 全国で2,000を超える感染症病床がありますが、緊急時には感染症指定医療機関の病床を最大限動員し、5,000床を超える病床を確保いたします。 まずはこれを活用して、第2弾となる緊急対応策を速やかに取りまとめます。

もっと

令和2年2月29日 安倍内閣総理大臣記者会見

今この瞬間も患者の治療に全力を尽くしてくださっている医療従事者の皆様にも、重ねて御礼申し上げます。

もっと

安倍首相 28日会見で健康状態にも言及の見通し

17:30 安倍首相「私から次の総裁選に影響力を行使しない」 安倍晋三首相は記者会見で、後任を選ぶ自民党総裁選にどのように対応するかを問われ、「私は総裁を辞めていく立場で、私から次の総裁選に影響力を行使しようということは考えていない。 例えば今まで輪番で出ていたものを個別のメディアに一本釣りのような形で出演されるとか、あるいは質問を事前に取りまとめて、それを出した社にしか記者会見で質問を当てないとか、かなり徹底したメディア対策というのをされた。 (記者) AP通信の山口と申します。 記者クラブ加盟の記者とそうではない記者の「厳然たる格差」が、そこには存在する。

もっと

令和2年2月29日 安倍内閣総理大臣記者会見

次の自民党総裁を国会議員のみの投票で選出すべきか、党員らも参加する方が望ましいかの見解も問われたが、「もう執行部にお任せしている。 しかし、私たちは必ず乗り越えることができる。 これは政府・与党だけでなく、野党としてもしっかり考え、対案・対策を示していかなければいけない。

もっと