Note はてな ブログ。 noteを使ってみた

noteとはてなブログをどう使い分けるか

noteは、アフィリエイトで稼ぐのは厳しいですね。 「はてな」と言えば、一般的にはどちらかと言うと技術者のユーザーが多いという側面も語られがちですが、他方で古くは2003年から続く「はてなダイアリー」の流れをくむブログサービスでもあります。 ぶっちゃけてしまうと、自分の作るコンテンツに対するマネタイズ自体が面白いと感じているのではないんです。 まるでTwitterを始めるような感覚でブログを始めることができる。 月に10回ほどの更新を行っています。 月額100円払ってくれるファンが100人いれば、10,000円の報酬になります。 ファイル選択ダイアログが表示されますので、挿入したい画像を選択し「開く」をクリックしてください。

もっと

【比較】ブログとnoteはどっちが使いやすい? おすすめの使い分け方など

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。 まあから見る分にはもnoteも変わらないんだけどね……。 また、ライブドアブログやMediumも使ったことがある。 ちなみにWordPressにはWordPress. 2019年12月中旬からは有料noteを購入後、 24時間以内の申請で返金を受け付ける機能が追加されます。 ビジネスパーソンたるもの情報収集は「当たり前」のスキルです。 めっちゃ便利。 「」(note) このように複数のブログを運営していると、ブログサービスの使い分けについて質問をされることがあるので、この記事では、はてなブログとnoteそれぞれできることとできないことなどをまとめて、どのようにして使い分けているかを紹介します。

もっと

主要なブログの種類と選び方【はてな・WordPress・note】

文字の装飾などのビジュアルで攻めたい人には向いていません。 【4】サポート(投げ銭)機能がある noteには、課金していない記事でも、「サポートする」という機能があって、ファンからお金をいただける投げ銭みたいのがあります。 【3】運営会社がブログのサービスが停止してしまう可能性がある はてなブログもnoteも運営会社があります。 noteは、ファンに直接課金してもらいやすい仕組みがあります。

もっと

はてなブログとnote両方使ってみた比較話

文字は普通サイズ、太字、見出しサイズの3種類しかありません。

もっと

はてなブログとnote違いは?比較表!メリットデメリットを解説

そのため、アフィリエイトとして連携できるパートナーもクリエイターのショッピングサイトがメインとなっています。 聴いたところによると、cakesの掲載基準は掲載内容が犯罪かどうかに終始しているとのこと。

もっと