バーチャル 展示 会 プラットフォーム。 バーチャル展示会とは?特徴とメリット・デメリットを解説

オンライン(バーチャル)展示会のメリット&デメリット | リアル展示会との違いと特徴とは?

待ち型のスタイルが、バーチャル展示会のデメリットです。 バーチャル展示会のデメリット バーチャル展示会は、展示会という名前はついていますが、やっていることはWEBメディアとそこまで変わりません。 来場者と出展企業のマッチング機能や、各種コミュニケーション機能がカスタマイズ可能。 イベントブースイメージやパースデザインを元にCG空間が制作され、要件に合わせて最適なソーシャルVRプラットフォームの選定から公開までをワンストップでサポートをうけられるサービスです。 リアルな展示会に寄せた高性能な機能が欲しい! リッチコンテンツを使用したいなら オンライン展示会はその性質上、商品に直接触れてもらう、体験してもらうということが出来ません。

もっと

オンライン(バーチャル)展示会のメリット&デメリット | リアル展示会との違いと特徴とは?

したがって、オンライン展示会のブース出展企業は、イベント参加者に、自社のサービス・製品に対して自発的に興味を持ってもらい、その後の行動を喚起させる施策を、いかにして実施するかが課題となっています。 リアルイベントのオンライン化をスムーズにサボート 大人数を動員するリアルイベントの開催が難しくなっている昨今、エナジャイズは、EASYバーチャル・フェアを用いたイベントのオンライン化・バーチャル開催をハンズオンでサポートします。

もっと

バーチャルビジネスイベント制作プラットフォーム「REALITY Spaces」の提供開始

そのため、こうした記録データを用いて、バーチャル展示会にアクセスした企業様へ向けた新規営業アプローチに活用することができます。 大切なことは、オフラインのリアルな展示会におけるサービスの代替だけではなく、オンラインならではのバーチャルなサービスの充実化にも、より注力していくことです。 活用事例. 株式会社SERENDECはお客様の課題、目的、運営状況を把握した上で、 オーダメイド型の最適なサービスをご提供いたします。 3D CG制作はもちろん、配布資料やウェビナースタジオの手配、配信映像の 撮影などの運営もトータルで支援してくれるのが特徴です。 360Channel社はVRコンテンツ制作に関して多くの実績があります。

もっと

バーチャル展示会の新システムを紹介【マジセミ様インタビュー】|展示会の学校

私たちは、このチームが時代の変化に迅速に適応し、私たちのようなイベント主催者が同じことをするのを助けていることに驚いています。 デメリット2:物理的な「体験」は提供できない 例えば、「商品を手で触って実際に使ってみる」「たまたま通りかかったブースが気になったので入ってみる」といった、実際の会場ならではの物理的な体験はバーチャル展示会では提供することができません。 来場者に提供したいサービスをいかにバーチャル展示会のコンテンツに落とし込むか、しっかりと工夫を凝らすことが重要になるでしょう。 コストがかかる自社でのサイト構築を考える前に、まずは、それらのオンライン展示会を開催できる各種プラットフォームサービスの利用を考慮してみるのもよいでしょう。 また、バーチャル展示会をやらないと決めた場合、 どのような代替案があるのかを見ていきましょう。

もっと

360Channelがバーチャル展示会をプロデュース!体験可能なサンプルサイトを公開

今回の「バーチャル展示会」は、利用者のスマートフォンやPCから閲覧できるため、時間や場所を気にせずに、イリヤ氏の生み出す「VIVID」で色彩あふれるイラストの魅力を味わうことができます。 主催者側は、基調講演を含む各種セミナーを配信しながら、バーチャルな展示ブースも用意します。 トレードショーのために仮想化したかったすべてのコアエクスペリエンスであるEventXtraは、私たちがそれを可能にするのに役立ちました。 購買意欲とターゲットの幅にも注意 購買意欲やターゲットの顧客層の幅も、注意が必要です。

もっと

360Channelがバーチャル展示会をプロデュース!体験可能なサンプルサイトを公開

事実、多くのオンライン展示会では、実際のリアルなオフラインの展示会同様に、基調講演を含むセミナーと各出展企業の展示ブースの2つのセクションから成り立っているケースが多く見られます。 Webマーケティング、Webサイト制作で培ったWeb集客のノウハウを活かしたコンテンツ構成、制作提案を行います。 バーチャル展示会とは? バーチャル展示会とは、これまで人が実際に集まって行なっていたような展示会を、 あえてオンライン上のバーチャル空間で実施する手法のことです。 本来メリットである全国から参加できるという点は、参加者の購買意欲が低さや、特定の地域へのアプローチがしにくいという デメリットにもなるからです。 これらのCookieをオプトアウトするオプションもあります。 net SoVeC株式会社は、「テクノロジーの力でコミュニケーションを進化させる」というミッションのもと、日々高度化する企業のマーケティング活動の最適化・効果の最大化を図ってまいります。

もっと

360Channelがバーチャル展示会をプロデュース!体験可能なサンプルサイトを公開

詳しくはぜひこちらのバナーをクリックしていただけると幸いです。 共同出展をしている企業も、展示会が中止となって困っていました。 EASYバーチャル・フェアは、イベントの出展者と参加者がそれぞれオフィスや在宅等遠隔でも、 それぞれの目的の元で出会う機会を担保するために、リアルタイムで交流できる洗練されたフェア体験をSaaSとして提供しています。 一社が単独で自社サイトなどで開催するオンライン展示会 (ショールーム型、バーチャルショールームと呼ばれることも) 一社が単独で制作して自社サイトなどでオンライン展示会を行うこのタイプの場合、 開催の日程やコンテンツ内容などに融通が利くことがメリットといえます。 今回のバーチャル展示会も、だからこそ参加者みんなで考えて、オンラインの可能性を模索することが大切だと思います。 今回は、タイプの違う3社とその特徴取り上げて、それぞれ ・良い点 ・懸念点 ・向いている企業 の3項目についてまとめました。 一方で、オンラインイベントはツールの機能特性上、コミュニケーションの範囲に限りがあり、企業側と学生側の交流機会が減少しているといった課題が生まれています。

もっと

バーチャル展示会の新システムを紹介【マジセミ様インタビュー】|展示会の学校

視覚的にとらえやすい空間設計 3Dシステムを駆使し、「展示会場」を見渡すことが出来るため、従来のリアルな展示会場に訪れた時のように視覚的にどこにどのブースがあるのか、理解しやすい設計となっており、会場内を「回遊」する感覚をそのままに、気になるブースへ気軽にアクセスが可能となっている。 一部の企業では、数社集まってバーチャル展示会を開催する動きも見せております。 SoVeCでは、「テクノロジーの力でコミュニケーションを進化させる」というミッションのもと、これまでも企業やクリエイター・アーティストに対して、コミュニケーション領域における新たなソリューションを提供してきましたが、このたび、国内初となるVR技術によるバーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会 ウェブブラウザ版」を活用したオンライン採用イベント、「バーチャル新卒採用EXPO2022」を11月16日(月)に開催しました。 また、対面で相手の反応を見ながらの臨機応変なプレゼンテーションも難しく、どうしても 相手の関心が向くのを待つPULL型の営業スタイルになってしまいます。

もっと

バーチャル展示会の新システムを紹介【マジセミ様インタビュー】|展示会の学校

選択できるブースの種類も 費用や納期等に応じて構築が可能で、特に特徴的なのは 「イージーオーダー 3D CGブース」と呼ばれるブースです。 それは、WEBメディアは基本待ち(PULL)型の施策だからです。 テクノロジーの進化に伴い、仕組みやコンテンツが絶えず変化していく点もバーチャル展示会の特徴です。 ショウダンデス 株式会社アイデアクラウドとXRエンターテインメントが技術やノウハウを組み合わせて提供するバーチャル展示会サービス。

もっと