コロナ 伸びる 業界。 コロナ後に伸びる4つの業界と伸び悩む3つの業界

新型コロナウイルス感染症の影響で「低迷する業界」と「躍進する業界」が判明。ネットスーパーやフードデリバリーは「需要増」、トラベル、ホテル、主要航空会社、イベントは「需要減」

マスクや消毒液、ティッシュ類、薬や健康食品などが爆発的に売れています。 そしてこんな動きも。 資金調達支援(行政や金融機関)、行政へのオンライン申請、経営戦略の見直しやマーケットリサーチ、倒産した会社の売買、オフィス家具買取、底値の不動産売買、コストダウン系、法的な家賃支払いの交渉・雇止めの交渉 逆に、物に触らない・人と会わないで、やりたいことが達成できるなら、その手段のニーズが急激に増えます。 これを防ぐには「物に触らない」「人と会わない」ことが重要になってきます。 解決策が足りていないからこそ、そこに市場が生まれます。 前述のYouTube動画編集だけでなく、 プログラミングをはじめ、様々な業種に これまでいなかった人たちが参入してきています。 トヨタもドコモと共同でスマートシティ構想もあるようですし。

もっと

アフターコロナの世界の仕事はこうなる?伸びる業種を考える!

美容業界 生活インフラである美容業界は、休業要請から外れた業界ですが、自粛休業や短縮営業をしている理美容店も少なくありません。 これからは、幸いなことに自分の才能をSNSなどで全世界に広めることが可能なわけです。

もっと

コロナで伸びる業界、衰退する業界は?

今は(幸か不幸か)来店客は減少しています。 今後も、世界的な需要が見込まれるでしょう。 例えばテレワーク関連についてですが、まず今回の騒ぎで、あらゆる企業が「出勤の脆弱性」に気づくことになりました。 なかでも物販系やサービス系は、今後もさらなる需要が予測されています。

もっと

ポストコロナ社会で需要が伸びる業界・業種とは!?【7/16更新】

オリンピック後にガクッと下がることはないのですが、今回のようなケースは初めてですね。 不動産市場も大きく変動するかもしれません。

もっと