サウンド 風雅。 サウンド風雅 (ディープレポート Vol.24)

チビデシベル: Power To Believe

数千年に渡って人間のそば近くに存在してきたんですね。 ですから、セッティングによっては、パームキーを使用する音域の音を当てるのが難しくなります。 80年前の音がよみがえる感じが面白かったですね。 商品の回転率もお店を選ぶ上で、大事なポイントになってくると思いますが。 サックスに触ったこともないお客様も大歓迎です。

もっと

サウンド風雅 (ディープレポート Vol.24)

消音パイプの先端だけに金属の絞りがついているのがソフト、消音パイプの両端に金属の絞りがついているのがハード、二種類の消音パイプがあります。 お客さんにとってはありがたいです。 サウンド風雅について 新大久保駅から徒歩1分。

もっと

サウンド風雅 (ディープレポート Vol.24)

私は高専の機械科出身で、それまでサックスなんて触れたこともなかったのですが、多分この穴をふさげば音が出るのだろうと、楽器の構造のメカニカルな興味から買って帰ってきました。 まずはオープン前後の経緯からお願いします。

もっと

チビデシベル: Power To Believe

知らなかったからこそできる、「盲蛇に怖じず」って感じですね 笑。 メカニックな目線からサックスに興味を持たれたとは! それが80年前くらいの コーンの アルトサックスでした。

もっと

チビデシベル: Power To Believe

文字が記されるずっと以前から、人と楽器は共に生きていたのですね。 200万、300万するものでも、結構動きがあります。 楽器は数千年に渡って、人間のそば近くに存在してきた 別の形というと? 当時、ミニコンポのCDプレイヤーって新品で買っても1年くらいで故障しちゃうのが多かったじゃないですか? 私は機械系だったので修理するのが得意で、そういうことで小遣い稼ぎのアルバイトのようなことをしていました。

もっと

チビデシベル: Power To Believe

(写真中央)Michael Brecker所有のテナーサックス 19世紀の楽器を修復するリペアー技術もさることながら、これだけの名品を集めるのは並大抵ではないです。 実際には、新品の管楽器も扱った方が、仕入れの苦労は少なくなりますね。 金管用のは評価している私ですが、そういう理由でe-Saxを買うには至っていませんでした。 はい、価格の面でも、うちは高く買って安く売っていて、まあ、商売の基本は「安く買って高く売る」だと思うので矛盾していますよね 笑。 何千本と扱っているうちに、直感的にわかるようになりましたがビンテージの判断は今でも難しいところがあります。 マイケルブレッカーのサックスですか!僕はブレッカーブラザーズの大ファンなので感激です。 そうですね、うちは商品の回転もかなり早い方だと思います。

もっと

サウンド風雅 (ディープレポート Vol.24)

委託品のなかには購入前提の試奏のみという商品もありますが、基本的には吹いていただけます。

もっと