植木 通彦。 艇王・植木通彦氏が語るボートレースの魅力 第1マークでは終わらない、シーズン通した人間ドラマ【ボートレースアンバサダーに聞く・下】|【SPAIA】スパイア

「植木通彦VS中道善博」など競艇の歴史に燦然と輝く名勝負をご紹介

引退会見においては 「今回の引退は、桐生での事故の後、これからどうしようかと考えたときに、桐生のみなさん、そしてお世話になったみなさんのためにも『20年間、命を懸けて走ろう』と決心しました。 トライアル2日目は別々のレースでともマクリ1着。

もっと

不死鳥・植木通彦が引退後に貴重なモンキーターンを披露

4か月にも及ぶ入院生活。 元々、宮島競艇場はスタートが難しい競艇場であるとされていますが、このレースではまず6号艇の河野主樹選手が「0. 植木通彦(1968年4月26日 - )が・・・まさかの引退。 通常の旋回よりも外側に荷重がかかることで高速旋回ができ、膝への負担も軽くすることができる画期的な旋回方法で、現在ではボートレーサー養成機関やまと学校でもカリキュラムに組み込まれている技となっています。

もっと

「植木通彦VS中道善博」など競艇の歴史に燦然と輝く名勝負をご紹介

事故直後は出血量の多さ、手術直後は施術部の腫れがひどかったため、何も見ることが出来なくなり、その間本人は失明したと思い込み、今後の生活を考え絶望的になっていたと語っている。 どうせ不合格に決まっていると諦めているところへ、合格通知が舞い込んできた。 年末、賞金王決定戦はで開催、トライアル初日、中道のマクリに植木が抵抗し大競り、植木は3着、中道は6着。 2007年7月18日引退。 自衛隊のある師団が体験入所したところ、数日ももたなかったという逸話が残っている。 トライアル最終日、中道が1着、植木は3着。 通算成績は4500走1562勝、勝率7. 「2度の大きな手術を受けたんですね。

もっと

【植木通彦がテレビ出演】〜顔面75針の大事故で九死に一生を経験した伝説のボートレーサーが今だから語れるボートレース界の裏側を暴露!〜

平和島競艇場でのSG第42回総理大臣杯、SGでは珍しく超抜モーターを手にした植木の豪快なイン逃げで誰も捲ることが出来なかったため、平和島競艇場審判課・松永良一アナ 通称:ベイ吉 に『ウエキング』という愛称を名付けられ、予選トップ通過・準優を見事なイン逃げで優出を果たすが、1号艇で出走した同大会優勝戦にて、インスタートから僅かコンマ01ではあるが痛恨のフライングを犯し、売上の9割以上にあたる17億4522万7700円という記録的な返還額となってしまいました。 トライアル最終日、中道が1着、植木は3着。 病院に搬送された際、顔は原型を留めていないほど損傷していたといわれていますが、それでも植木選手は「スタート位置は正常だったのか」を気にしていた、という逸話が残っています。

もっと

競艇界の不死鳥!?艇王と称された植木通彦のボートレーサー人生を振り返り特集します。 | 競艇予想サイト必勝NAVI

この年、植木選手は総理大臣杯を制し、競艇界のトップに躍り出ようとしていた。 1998年に丸亀競艇場の総理大臣杯、宮島競艇場のグランドチャンピオン決定戦で優出、賞金王決定戦に出場も順位戦止まりになります。

もっと