糖尿病 性 昏睡。 高血糖と糖尿病昏睡

糖尿病の合併症とは?低血糖と高血糖昏睡に対するリスク管理

意識障害• 糖尿病ケトアシドーシス 血糖値を下げる働きをするインスリンが不足し、十分に血糖値が下がらないことで起こります()。 糖尿病を発症して最初の頃に現れることが多いのが、糖尿病ケトアシドーシスです。 このとき身体は、脂肪を分解してエネルギーを作ろうとするのです。 2型糖尿病の人が、感染症や脳血管障害などで血糖値異常が起こってしまった時などに起こりやすくなります。 この、血液が酸性の状態を「 ケトアシドーシス」といいます。 激しい喉の渇き・脱水 高くなった血糖を薄めようとして血管内に水分が増え、血液量が一時的に増えます。

もっと

糖尿病の低血糖昏睡状態について詳しく知りたい|ハテナース

そして、さらに悪化してしまうと・・・ 呼吸困難、大きく息を吸うようになる、嘔吐や腹痛などの症状を経て昏睡状態になります。 1型糖尿病患者の患者で起こりやすく、2型糖尿病患者でも、感染症や外傷などの強いストレスがあった時や、清涼飲料水やジュースなどを大量に飲んだ時に起こることがあります。 以下に急性合併症と慢性合併症に関する詳細を述べます。 低血糖に対するエピネフリンの上昇反応も1型糖尿病患者では低下しているとされ、これも低血糖を起こしやすくする要因である。 また、高齢者の場合は、糖尿病以外の持病を抱えていることもあるため、より慎重な治療が求められます。

もっと

ケトアシドーシス?命の危険も!糖尿病性昏睡とは?

低血糖の生体反応 通常、血糖値が低下するとインスリンの分泌が低下し、ブドウ糖の利用は抑制されます。 典型的な症状は、• 本人には自覚がない場合もあります、周りの方が見守ってあげましょう。 どうしても食べられない、薬が飲めない、インスリンが打てないというときは病院に連絡をしてください。 うっかり忘れてしまっただけで、糖尿病性昏睡を招いてしまう恐れもあります。 信頼できる、かかりつけ医を見つけておくと安心です。 初回の インスリン皮下投与後も インスリン静注を1~4時間継続すべきである。 糖尿病ケトアシドーシスになってしまったら、入院して点滴とインスリン注射による治療が必要です。

もっと

糖尿病性ケトアシドーシス

治療法 糖尿病ケトアシドーシスは高血糖と強い脱水状態に陥っていることから、入院の上、直ちに点滴による脱水症状の改善と、インスリンの補充が必要です。

もっと

糖尿病性昏睡の症状とその危険性

最近では、糖尿病内科といった糖尿病を専門に診てくれる病院も増えており、効率よく治療を進められるでしょう。

もっと