幸甚 の 至り。 「幸甚」の読み方・使い方・例文・類語・敬語|メール

知ってる?「幸甚」の意味と正しい使い方|@DIME アットダイム

幸甚を使うかどうかは、相手の性格や間柄をしっかり見極めて判断しましょう。 距離が近い相手・親しい間柄の場合は「助かります」や「有難いです」• この度は貴社の展示会にお招きいただき幸甚至りであります. 今回は厳しい納期に間に合わせていただいて、幸甚の至りです。 資料をいただけるととても助かる。 ただし、形式を大切にする人や礼儀を重んじる人に対しては、ある程度親しくても「幸甚」という言葉を使った方が喜ばれるかもしれません。 「幸甚」は通常は形容動詞的に用いられると冒頭で述べましたが、明治時代の教育者であり啓蒙思想家である福沢諭吉が、幼年教育について著した書の中に「各地方小学教師のために備考の一助ともならば幸甚のみ」とあります。 知ってはいても実際となるとどういう時に、どのように使えばいいのかわからないという方の為に、例えばどんな場合で使用することができるのか、例文を踏まえて下記を挙げておきますので参考にしてみてください。 しかし、あたかも定型文のように多用してしまうと、「わざとらしい」「しつこい」「おおげさ」といった悪い印象を与えてしまうこともあります。

もっと

幸甚の意味・例文と類語・応用

弊社でのビジネスミーティングにご参加いただると幸甚でございます。 いずれの場合も、年齢や立場に関係なく使用できますが、目上や格上の人に使うことが多いです。 使用法としては間違っていませんが、どちらの表現にするか迷ったときは、使用頻度が高い「存じます」とした方がよいでしょう。 また、誤った使用法とされることもあるようです。 「依頼」「感謝」「贈り物」の場面でそれぞれ使われる「幸甚」 「幸甚」という言葉には三つの使われ方があります。 この手かせを免れた、という説や、手かせ程度の刑罰で済んだ、という説がありますがどちらも、運がよかった、というところから、転じて幸せという意味になったそうです。 また、連発して使用してしまうと、相手に軽率なイメージを与えることもあります。

もっと

「幸甚(こうじん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

「幸甚」の正しい意味 「幸甚」は普通の幸せではなく「甚だしく幸せな様子」を表している言葉です。 必ず返答がほしい場合は「今週中にご連絡いただけると幸甚です」というように、日時や日付を指定した上で「幸甚」を使うようにしましょう。 スポンサードリンク 「幸甚」の例文 ・これまで多くの方々にお世話になって参りました。 幸甚の例文 5.今後も末永くお付き合いをいただけましたら、幸甚の極みに存じます。

もっと

幸甚の意味と使い方。間違えないで上手に使うポイントと例文

社内やビジネスで「幸甚」を使う場合の注意点は? このように「幸甚」は、現代の手紙文では 「非常に有難い」、「何よりのしあわせ」という意味で使われます。 どの意味でも、ありがたい・嬉しいといったポデティブなことを表します。 思いがけない幸せ」を表します。

もっと

ビジネスにおける「幸甚」の意味と使い方、読み方と言い換え、英語表現も解説!

例えば「幸甚に存じます」や「幸甚の極みです」などのように使用されます。 「お手隙の際に目を通していただけると幸甚です」は、「お手隙の際に目を通していただけると幸いです」と言い換えができます。 「幸甚(こうじん)」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 面目ない。 「幸甚」という言葉もまた、日常の会話ではほとんど使わないものの、ビジネスシーンや公の場においてのやり取りでは、時折使われることがある言葉の1つだと言えるでしょう。 」 「ご笑納いただければ幸甚に存じます。

もっと

正しく使えてる? 「幸いです」と「幸甚です」の違い (2020年09月19日) |BIGLOBE Beauty

感謝の言葉として「幸甚」を使用する場合は、「幸甚に存じます」「幸甚の至りです」といった言い回しで使用するケースが多いと言われています。

もっと

正しく使えてる? 「幸いです」と「幸甚です」の違い (2020年09月19日) |BIGLOBE Beauty

親しい友人などにお礼の気持ちを丁寧に伝えたいのなら、やはりこの場合は「幸甚に存じます」ではなく、「幸せに感じます」「嬉しく思います」「ありがとうございます」といった言葉が適切でしょう。 「幸甚の至りです」 「幸甚に至りです」は相手の行為に対して「これほど幸せなことはありません」「自分にとってどれだけ幸せなことでしょう」という感謝の気持ちを存分に表す時に使われます。 似たような意味合いを持つ言葉を、言い換えの表現と共に紹介します。 表現方法は「幸いに存じます」「幸いだった」「幸いにも」 上記以外では、「幸いに存じます」「幸いだった」「幸いにも」などが、幸いを使った一般的な言い回しです。 丁寧語の「幸甚です」や謙譲語の「幸甚に存じます」とした方が、印象を悪くしたり誤用だと思われたりする心配がなく安心でしょう。

もっと