アメリカ インフルエンザ 実は コロナ。 アメリカで死者1万人超インフルは新型コロナかもしれない│気になる情報

アメリカのインフルエンザの過去死者数と感染者数がかなりヤバい事実

CDC は、「主要な指標によるインフルエンザウイルスの活動性は依然として高いが、第6週(2月9日から2月15日)に引き続き低下している。 ひじパンダも含めてコビット19のせいで留学生活が狂ってしまった方も多いと思います。 また、NCGMでの検査に同意の得られなかった2名については、検疫官が自宅に送り、今後、厚労省が健康状態についてのフォローを行うとのこと。 (プレシデントオンライン) CDC(Centers for Disease Control and Prevention米疾病対策センター)のホームページを確認する事ができます。 そして今回のCDCの検査方針転換により、今までの統計上 「インフルエンザ」と扱われてきた患者さんの中に、かなりの方が実は 新型コロナ患者だったと判明する 可能性があります。 さらなる感染拡大の予防につなげる。

もっと

アメリカで猛威のインフルは実は新型コロナだったんじゃないか問題、ついに大々的に報じられ始める

11月 29, 2020• インフルエンザ感染の推計値でアメリカ全土が真っ赤の上に、健康な人や検査結果が陰性の方も犠牲になっている点が、恐ろしく感じます。 病気の人との密接な接触を避ける• 2020アメリカのインフルエンザの死亡者数・型は? 2020年2月1日のブルームバーグによれば、現在アメリカで流行しているインフルエンザの型は、 インフルエンザAのH1N1型です )。

もっと

時既に遅し?アメリカのインフルエンザの正体は武漢肺炎か

インフルエンザは、予防のためのワクチン接種が普及し、タミフルなどの治療薬もある。 ロードアイランド州:56723人(+2769人)(うち、 死者1373人(+27人))• 8 14:44 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスが猛威を振るう中、米国ではインフルエンザが流行している。 ノースダコタ州:79252人(+594人)(うち、 死者933人(+7人))• 今さら「武漢肺炎の封じ込め」を主張する意味は薄く、多数の支那人の渡航者がいるアメリカでも同様の事態が起こっていたと考えた方が自然である。 新型コロナウイルスに注意をするのと同じくらいインフルエンザ予防にも力を入れる必要がありそうだ。 >インフルエンザも怖い病気だと、そう理解しておかねばならない。 これまでの推移は、下のリンク先のページをご覧ください。 中国からの渡航制限相次ぐ、インドや豪州も-ウイルス死者560人突破 2020年2月6日 17:11 JST 新型コロナウイルスによる死者が560人を超える中で、中国本土からの渡航を各国・地域が相次ぎ制限している。

もっと

アメリカは、いつからコロナウィルスが出ていたのか世界に向けて明らか

ですので、タイトルの『死者1万人超「米国インフル猛威」』自体がややミスリーディングと言えます。 。 5」つまり「1人の感染者から約2人に感染」、インフルエンザは「2から3」で、「1人の感染者から2人か3人に感染」するされています。 まだ増える可能性もありますが、現在のところ 感染者で3000倍! 死者数は60倍! となっています。 第一次検査段階で武漢肺炎に特化した検査を実施できる国は、残念ながら今の時点ではないと僕は思っていますけどね。 2019年末には、中国医師が新型コロナウイルスの疑いをSNSで報じたとのは記憶にまだ新しいことです。 ネバダ州:152171人(+1644人)(うち、 死者2144人(+8人))• ウィルス漏れではない。

もっと

米国死者1万人超のインフル、実はコロナウイルスって本当?予防策は?

インド・フィリピン・ベトナムで新型肺炎感染者を初確認 2020年1月30日 21時46分 新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、インドの保健当局は30日、インド国内で初めて感染者を確認したと発表した。 この4人には、機内で周囲への感染防止措置がとられ、日本到着後に医療機関へ搬送された。 ウェストバージニア州:47842人(+845人)(うち、 死者735人(+6人))• とはいうものの、すべての人がインフルエンザと診断されるわけではなく、症例数/死亡者数は常に公式の合計から欠落するため、症例数は増える傾向がある。 またCDCは過去数ヶ月間にインフルエンザで死亡した米国の患者1万人あまりのうち、 新型コロナウイルス COVID-19 感染による肺炎患者が含まれていた可能性がある、と考えているようだ。 だから、必要のないパニックを起こすことがある」 () 未知の存在を不安に思いパニックになるのは全世界共通のようです。 。

もっと

アメリカのインフルエンザは実はコロナウイルスだった?

新型コロナウィルスは、すりガラス状の影が、肺の表面を包むように広がります。 季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の両方が同時に大流行する「ツインデミック」の恐れがあるからだ。 日本人はまだこのことに気がついていません。 今まで日本では殆ど報道されていなかったから知らなかったが、これはコロナウイルス以上の脅威ではないか? 考えてみれば世界一の大国である米国がいくら中国から遠いとはいえコロナウイルス患者が全くいないというのも不可解だ。 2019~20年のシーズンで患者数は2200万人に上ったとし、さらに拡大する恐れが指摘されている。

もっと

「アメリカのインフルは新型コロナだった説」は本当か?(忽那賢志)

加入している人でも医療費が高額なため医者に行くのをためらい、症状が出ても自己診断に頼る人が多いそうです。 まとめ 日本で全く報道されないため、知りませんでしたが、アメリカは大変なことになっていますね。 アーカンソー州:157359人(+1112人)(うち、 死者2502人(+32人))• 検査で確認された小児および成人のインフルエンザ関連入院を監視している によると、2019年10月1日から2020年2月22日の間に確認された患者数は累計15,319人。 実際、2月15日には、和歌山の医療機関で5人の新型コロナ集団感染が報告されている。 アメリカにおけるインフルエンザの検査陽性率と型別陽性例数(CDCより) つまり、今シーズンのこれまでの推移からは特にインフルエンザ以外に未知の感染症が増えている気配は感じ取れません。 男性はバスの運転手で、1月8日から11日と、12日から16日の2回、武漢からのツアー客をバスに乗せていたとのことである。 ウィスコンシン州:411730人(+2676人)(うち、 死者3494人(+7人))• とはいえ、もちろん安倍首相・政府の認識・危機管理が甘かったのは責められるべきでしょうし(自ら首を絞めて野党につけ入る隙を与えてしまったのが情けない)、未だに異常に拘る習氏訪日の為なのか支那への忖度が酷すぎるのも問題ですが、少なくとも責任あるメディアは数字を出すならその基準となるデーターを明示すべきと思います。

もっと

アメリカで死者1万人超インフルは新型コロナかもしれない│気になる情報

アメリカインフルエンザ(2018-2019年シーズン) 死者:34,157人(61,099) 入院者:490,561人(808,129) 医療訪問:16,520,350人(20,731,323) Symptomatic Illness : 35,520,883人(44. 断定はできないが、バスツアー客からの感染を疑わざるを得ないだろう。 一方、季節性インフルエンザは各国で毎年流行しており、アメリカのヴァンダービルト大学医療センターのワクチン専門家、ウィリアム・シャフナー氏は「インフルエンザに比べれば、新型コロナウイルスの危険性は微々たるもの」と語っている。 日本では連日、新型コロナウイルスに関するニュースは大々的に報じられる一方で、アメリカでのインフルエンザの流行や死者については、新聞では報道されるものの、テレビで大きく取り上げられることはありません。 この記事を読んで「アメリカに旅行に行って大丈夫なの?」と心配される方もいるかもしれませんが、間違いなくアメリカよりも日本の方がずっと深刻な状況です。 日本人にとっては悪い意味で馴染みが深く、毎年多数の犠牲者を出している天敵の様な厄災そのものですよね。

もっと

アメリカで死者1万人超インフルは新型コロナかもしれない│気になる情報

厚労省の発表によると、機内検疫で4人に発熱等の症状が認められた。 希望者全員の帰国は非現実的であり、同時にインフルエンザ感染者を帰国させてしまうリスクについても真剣に考えなくてはならない。 その理由は……。 ペンシルべニア州:366835人(+5891人)(うち、 死者10335人(+38人))• 誰でも考えつく話ではあったのだろうね。 武漢大学に留学していた学生だという。

もっと