菅原 敏。 どのようにして「光る茶室」が生まれたのですか? #菅原敏の職業図鑑(茶人編 vol.1)

菅原敏_07

「書いた言葉が絵になって戻ってくるというのは、ある種の翻訳みたいなものですよね。 準備期間も含めて2カ月くらいの間、世界で一番コーヒーを飲んでいた詩人だったのでは(笑)」。 夜、店が閉まるのが早い(笑)。 ここがグッドデザイン賞も受賞している「光る茶室」です。 気象予報士との対談イベントや映画館での上映など、様々なメディアを横断する実験的な試みで注目を集めた。 ロシアでは国民的詩人・貴族でもあったプーシキンの生家「プーシキンの家博物館」で朗読を。

もっと

詩のないところに詩を運ぶ 詩人、菅原敏が言葉と声と身体で伝えるもの|ANA Travel & Life

それぞれの旅先に合わせてその国の詩人の作品を持って行くことも。 本もひとつの器であり、時には別のグラスに注いでみたくなる。

もっと

読んで、燃やす......? 詩人・菅原 敏の新詩集。(フィガロジャポン)

予報という未来のための情報が、過去になっても何かしらの意味を持つように。

もっと

at home QUIET POETRY: J

もし彼らがいま生きていたら、こんな言葉で伝えるのではと想像しながら。 小説よりも旅向きというか、好きなページをパッと開いて飛行機の中で読むのにもちょうどいい。 番組の冒頭とエンディングに「この番組は〇〇さまの提供でお送りしました」とお名前、もしくは社名を読み上げます。 「友人でもあり、劇団のプロデューサーでもある宮永琢生さんから頂きました。 そのなかで、改めて本とコーヒーとの相性の良さを感じたという。 いろいろな人がいて、なかなかおもしろかったよ。 黒い畳はLEDで光らせることができます。

もっと

詩人・菅原敏が街に詩を注ぐ新番組『at home QUIET POETRY』が2月よりJ

昭和31年には初作を発表、作る本数は年々増えていった。 普段から 喫茶店で仕事をすることが多いが、その時は意識的に色々な喫茶店に足を運んだそうだ。 そうすることでこれまで詩に触れてこなかった人も、あらたに手を伸ばす機会が増えるんじゃないかと。 そんな感じだったかな。 このたびラジオ業界初(? 詩人が、ラジオで詩を読みまくる為に、番組の枠をみんなで買い占める。 彼の吸っていたジタンというタバコが置いてあったり、「くたばれキャベツ野郎」という曲にちなんで、キャベツが置いてあったり。 〔15. 「古い詩の輪郭をいまの言葉でなぞっていく」ことをコンセプトに、菅原が古今東西の恋愛詩を超訳する。

もっと

菅原敏|詩集|裸でベランダ / ウサギと女たち

昭和40年頃までは写真による復元が主であったと思われるが、昭和41年になってたつみの森亮介が、三蔵、庄七の現物を蒐集家から借り出して、敏に見せて復元させてから、復元の完成度は著しく上がった。 菅原敏 すがわら びん 詩人。 たどり着いた場所でまた誰かと出会い、言葉の旅は続いていく。 そんな菅原さんに旅のことや新詩集の魅力について伺いました。

もっと

詩人・菅原敏が街に詩を注ぐ新番組『at home QUIET POETRY』が2月よりJ

菅原:今回はどんな企画? 松村:漫画雑誌『モーニング』に連載中の『へうげもの』(山田芳裕)という茶の湯にまつわる漫画があるんだけど、その漫画からスピンアウトした企画をパリでもやってみようということになって。 A Study of Cycles of Methane and Carbon Monoxide on the Earth's Surface• 予報は過去になれば意味を失い捨てられてしまう。 松村さんは、横浜の関内にある茶室「」の庵主。 その頃から、経験から生まれる詩と、異なる目線・距離感をもった詩、どちらも自分の言葉で書いていけたらと思っていて。

もっと

どのようにして「光る茶室」が生まれたのですか? #菅原敏の職業図鑑(茶人編 vol.1)

フランスのモンパルナスの墓地。 「書いた言葉が音や絵になって戻ってくる。 放送をお楽しみに。 思ったより作業もスムーズにこなせたのは意外でした。 7月25日にリリースされた新詩集『かのひと 超訳世界恋愛詩集』(東京新聞)が各方面で話題を呼び、Amazonの詩集部門でも1位を記録しベストセラーに。 『かのひと 超訳世界恋愛詩集』(東京新聞) 詩:菅原敏 絵:久保田沙耶 ブックデザイン:KIGI 定価:1700円(税抜き). アメリカから逆輸入デビューし、各方面で話題に。

もっと