チャイコフスキー 交響曲 第 6 番。 織工Ⅲ: チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 名盤5点

チャイコフスキーの交響曲第6番”悲愴”の個人的名盤

ソ連指導部は、「安い楽器でも良い音を出せ!」と言って、予算をつけなかったのでしょう。 トランペットは柔らかく輝かしい響きですが、かなり余裕を残した演奏です。 リズムの刻みも明快です。 「ペトロフの舞台生活50周年祝賀カンタータ」(1875年)• なので上記でマイ・フェイヴァリット盤を上げてはいますが、ほとんどの録音はみな僕にとって大切な愛すべき演奏なのだということです。 ここでチャイコフスキーは音楽を本格的に学び、のめりこんでいく。

もっと

チャイコフスキー交響曲第6番ロ短調 「悲愴」

そしてチェリビダッケとミュンヘン・フィルは、 オーケストラの全ての楽器が有機的な繋がりを持つよう演奏します。

もっと

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」:人生の総て

1978年にソ連の音楽学者アレクサンドラ・オルロヴァは、チャイコフスキーがある貴族の甥と関係を結んだため、この貴族が皇帝に訴えて秘密法廷なるもの(チャイコフスキーの法律学校時代の同窓生の、高名な裁判官、弁護士、法律学者等が列席した)が開かれ、そこでチャイコフスキーの名誉を慮って服毒によるが決定・強要されたという説を唱えた。 なかなかないことです。 5拍子の揺れも感じられない。

もっと

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」名盤23枚聞き比べ(CD比較)

サンティの録音はかなり近い位置に音場が展開しましたのでこの録音が適度な距離感かもしれません。 最後の交響曲第6番「悲愴」は、疑いなくチャイコフスキーの最高傑作であるばかりでなく、古今の多くの交響曲の中においても大衆性と芸術性の両方を兼ね備えた稀有な名作だと思います。

もっと

カラヤン指揮:チャイコフスキー「交響曲第4~6番」

続く第二主題第一句は速いテンポであっさりと演奏されます。 71年 EMI ということで、録音の質としてはこのレーベルらしいところもあると思います。 ただしふくよかと言ってもフォルテにおいて高い弦がキンとし たきつめの音になる瞬間があります。

もっと

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」ロ短調op.74 名盤: ハルくんの音楽日記

この頃になるとN響の金管もすごく上手くなっています。 メリハリがはっきりしていて切れ味鋭く、色彩感も豊かな演奏です。 三楽章、はずむようなリズムで元気の良い演奏です。 二楽章、チャーミングに揺れ動く主要主題。

もっと

キリル・ペトレンコ/チャイコフスキー: 交響曲第6番 《悲愴》

弦のピツィカートに乗って歌うトランペットが柔らかく響きます。 繊細でリズミックな第一主題。 コーダのトランペットも暖かく速いテンポであっさりとしています。

もっと

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」名盤23枚聞き比べ(CD比較)

(歌う)• あまりにも歌が大きい表現になりすぎて聞いていてちょっと引いてしまうような部分もありました。 あまり深く沈みこむことの無い中間部ですが、感情のこもった歌です。 主部が戻るとまた伸びやかな歌です。 とても長い間。 カラヤンの音楽は好きな私にとって、これだけ分かりやすく重厚なカラヤンの音楽であれば好きになります。 最後もものすごく遅いテンポになりました。

もっと

チャイコフスキー「交響曲第6番《悲愴》」

トロンボーンの嘆きはゆっくりと演奏されますか、泣き叫ぶような激しさは無くおとなしい表現でした。 昨日は関東地方にもハルいちばん、じゃ無くて春一番が吹いて、まるで春の様な気温でしたね。

もっと