心頭 滅却 意味。 【心頭滅却】知っておきたい四字熟語の意味や由来|「心頭滅却」編

【心頭滅却】知っておきたい四字熟語の意味や由来|「心頭滅却」編

外でも、暑くなりすぎたら恥ずかしがらずに、コンビニに避難して涼みましょう。 しかしこの戦いの後、武田信玄は病気で一時撤退を余儀なくされました。 紹喜の心のうちは定かではありませんが、ひとつ確実に言えることがあります。

もっと

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の意味を外国人に説明したいのですが、...

これは、火の上を裸足で渡っても火傷をしないための修行の1つで、これを行う理由の1つに「心頭滅却」が目的だとされています。 先の、火渡りの儀式だけでなく、草津温泉のような熱いお風呂や、熱いお灸を据えるときなどに思わずつぶやく人も多いのではないでしょうか。 雑念を持たず、一つのことに集中できる力を表す言葉を指している言葉です。 それぞれ効能を得るための一時的な苦しみですから、仏教のいう苦しみとは些か異なるかもしれません。 心を澄まして邪念をなくせば、火さえも涼しく感じる まとめ 以上、この記事では「心頭滅却すれば火もまた涼し」について解説しました。 また、「心頭滅却すれば火もまた涼し」とは「夏の暑さに耐える」際の決まり文句ですが、暑さ以外にも使用できます。

もっと

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

大事な場面で体調を崩し、今までの努力が台無しになる可能性もあるからです。 明鏡止水の「明鏡」とは、曇りのない鏡を、「止水」とは、流れないで止まっている水のことを指します。 心頭滅却すれば火もまた涼し: 心の持ち方1つで、いかなる苦痛も苦痛と感じられなくなるということ 「心頭滅却すれば火もまた涼し」の意味を詳しく 「心頭滅却すれば火もまた涼し」とは、心の持ち方1つで、いかなる苦痛も苦痛と感じられなくなるということです。 例えば、オリンピック選手が世界で戦って良い成績を残すためには、実力以上の力を発揮することが求められます。

もっと

四字熟語「心頭滅却(しんとうめっきゃく)」の意味と使い方:例文付き

そしてここでいう「火」や「暑さ」は、広義に捉えれば「煩悩」と言い換えられます。 つまり、死んだような精神状態を指し、仏教における信仰や修行の到達地点だとされています。

もっと

「心頭滅却」の意味とは?ことわざでの使い方や類語も解説

空に浮かぶ雲のように煩悩は次から次へと湧いてきます。 無の境地に至れば火でさえも涼しいと感じられるという意味から来ている言葉です。

もっと

快川紹喜

心頭滅却のビジネスシーンでの意味 心頭滅却という言葉はビジネスシーンで特別な意味を持っているわけではありません。 また、雑念を排除して物への執着心を無くした状態という意味もあります。 1582年、織田・徳川軍と武田軍が対峙した「長篠の戦い」の際、快川は武田軍側の寺の住職でした。 しかしながら、私たちはついつい暑さ寒さにばかりとらわれてしまいます。 自分自身の心を整えていくことによって、暑い時は暑いに徹して、自然と受け入れていくということです。

もっと

心頭滅却とは

快川の残した有名なセリフに、 「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火もまた涼し」というものがある。 「 無心で イエス様に従って」などと訳されます。

もっと

「心頭滅却」の意味とは?ことわざでの使い方や類語も解説

また、日本で知られるようになったのは、大河ドラマ「軍師官兵衛」でも描写された仏教僧、快川 かいせん の逸話にあります。 心頭滅却とは心を無にすること 「心頭滅却すれば火もまた涼し」とは「心の持ち方1つで、いかなる苦痛も苦痛と感じられなくなる」という意味の故事成語で、無念無想の境地に至ると、燃え盛る炎でさえも涼しく感じるようになるとされています。 また、「心頭を滅却すれば火もまた涼し」は「耐え抜く」という意味を持つので、暑さだけでなく、苦労やチャレンジを強いられるような「厳しい状況をなんとか乗り切らなくてはならない」場面で使われます。 なお、この辞世は『』では快川と問答した僧・高山の言葉とされており、同時代文献には見られず近世の編纂物に登場していることから、本来は快川の逸話でなかった可能性が指摘されている。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 永正10年(1513年)、12歳で出家。 「こうしなければならない」とか「こんなことしてはダメだ」とか、そういう『こだわりの心(火)』こそを心頭滅却するようにしましょう。

もっと