生活 保護 法 指定 医療 機関。 生活保護法等指定医療機関について/川越市

生活保護法による医療機関の指定制度について|富山県

なお、新たに指定申請中の医療機関にあっては、指定決定の連絡を待って被保護者及び被支援者に対する診療を始めるようにしてください。 指定医療機関は、福祉事務所に代わって直接、被保護者等に医療の給付を行うことになるため、生活保護法による保護及び中国残留邦人等支援法による支援の趣旨を十分に理解しなければならない。 また、今後は指定医療機関は 原則6年ごとに指定の更新を受ける必要があります。 指定申請手続について 「生活保護法及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律指定申請書」に所定事項を記載し、岩手県保健福祉部地域福祉課又は医療機関所在地の市福祉事務所(市の場合)若しくは広域振興局(町村の場合)に提出してください。 なお、後発医薬品に対する普及の取り組みや資料については、を参考にしてください。 以下「改正法」という。 届出書の提出先や届出の受理等については、指定申請手続と同様です。

もっと

生活保護法等指定医療機関の申請・届出など

開設者の氏名や法人の名称を変更した場合• 掲載日:2020年6月12日 指定機関(医療)の指定申請書等届出様式【生活保護法・中国残留邦人等支援法】 ワードファイルの様式(埼玉県知事あて)がダウンロードできます。 更新を迎える日より前に手続きを行わない場合、指定の効力を失います。 指定医療機関の開設者が死亡した場合• 各種申請書類は、「関連ファイル」よりダウンロードすることができます。 (4)行政書士ではない方が、業として他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類を作成することは、法律に別段の定めがある場合を除き、行政書士法違反となりますので、ご注意ください。 5 指定の取消要件 指定医療機関が、法第51条第2項各号のいずれかに該当するときは、厚生労働大臣又は都道府県知事は、その指定を取り消し、又は期間を定めてその指定の全部若しくは一部の効力を停止することができるものとされています。 各種届書留意事項 (1)各種届書の記入にあたっては、消えるインクのボールペンは使用しないでください。

もっと

生活保護法による医療機関の指定制度について|富山県

様式は指定医療機関の廃止・休止・再開・辞退届出書と同様です。

もっと

指定医療機関・指定施術機関(生活保護法・中国残留邦人等支援法)

なお、開設者である保険医または保険薬剤師のみが診療または調剤している場合やその者と同一世帯に属する配偶者、直系血族または兄弟姉妹のみが診療または調剤している場合は、更新申請手続きが不要です。 (生活保護法施行規則第10条、第14条及び第15条)。 なお、申請手続き時、健康保険法による指定状況の確認等を行います。 )の指定制度が変更となります。 申請書と誓約書を提出して下さい。 「1 指定申請書」 生活保護法指定(中国残留邦人等支援法指定)医療機関指定申請書• 指定介護機関の名称を変更した場合• 開設者が法人で、法人代表者を変更した場合• 1 指定医療機関 新規申請 医療機関(病院・診療所・薬局及び訪問看護ステーション)が新規に申請する場合は,下記の「1 指定申請書」及び「2 誓約書」により申請してください。

もっと

生活保護法指定医療機関について

片面印刷を行う場合は、書類の左側(長編縦)を2か所ホッチキス止めしたうえで、1枚目の裏面と2枚の表面にかかるように、申請印と同じ印鑑で割印が必要です。

もっと

指定医療機関・指定施術機関(生活保護法・中国残留邦人等支援法)

開設者が法人で、法人代表者を変更した場合• 生活保護法等に基づく介護機関の指定等 介護事業所や介護保険施設等に対する生活保護法等に基づいた指定等に関する一連の手続きです。 【 助産師、施術者の場合の提出書類 】 ・(助産師、施術者用) ・(助産師、施術者用) ・免許証(申請する全ての業種に対する免許証の写しが必要です) 【 介護機関の場合の提出書類 】 ・ ・ (2)変更の届出 指定医療機関、指定助産機関、指定施術機関や指定介護機関の名称、所在地、医療機関等の開設者等、指定申請時の情報から変更があった場合には、変更の届出を行う必要があります。

もっと

生活保護法等指定機関の申請様式(医療機関・助産師・施術者)

それ以外の医療機関 - 、及び市長 役割 [ ] 生活保護法による医療扶助 [ ] 生活保護法による医療扶助は、本法の扶助の一つとして、のため最低限度の生活を維持することのできない方に対して医療の給付を行うものであり、指定医療機関はその医療を提供する。 (助産師の方も同様です) 施術者の住所地 施術所の所在地 指定を行う自治体 提出先 施術者の住所地と施術所が同一の場合 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市以外の県域 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市以外の県域 神奈川県 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部生活援護課 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市それぞれの市 施術者の住所地と施術所が異なる場合 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市以外の県域 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市 施術所の所在地である横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市それぞれ 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市以外の県域 施術所の所在地である県域 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部生活援護課 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市以外の県域 東京都 施術者の住所地である神奈川県 (開設している場合は、施術所の所在地である東京都) 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部生活援護課 東京都) 東京都 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市以外の県域 施術者の住所地である東京都(開設している場合は、施術所の所在地である神奈川県) 東京都 (神奈川県) 指定を受けるための手続き 申請書の様式は、ページに掲載されています。 この改正を受け、「指定医療機関医療担当規程(昭和25年厚生省告示第222号)」が改正されたほか、具体的な取扱いについて、「生活保護法による医療扶助運営要領について」(昭和36年9月30日付社発第727号厚生省社会局長通知)等の改正により規定されました。 なお、この指定は中国残留邦人等支援法に基づく医療支援給付を行う医療機関の指定手続きを兼ねます。 (3)廃止、休止、再開及び辞退についての届出 指定施術機関の業務を廃止、休止、再開する場合は10日以内に、生活保護法の指定のみを辞退する場合は30日以上の予告期間を設けて、下記の様式により届け出てください。

もっと