レボフロキサシン 添付 文書。 医療用医薬品 : レボフロキサシン (レボフロキサシン錠250mg「SUN」 他)

レボフロキサシン点眼液0.5%「ニットー」

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

もっと

医療用医薬品 : レボフロキサシン (レボフロキサシン錠250mg「SUN」 他)

酢酸(100)に溶けやすく、水又はメタノールにやや溶けにくく、エタノール(99. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 なお、疾患・症状に応じて適宜減量する。 ざ瘡の化膿性炎症• 本剤は点滴静注にのみ使用する。 通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500mgを1日1回、約60分間かけて点滴静注する。 使用後の残液は使用しないこと。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• ] キノロン系抗菌薬に対し過敏症の既往歴のある患者 重篤な心疾患(不整脈、虚血性心疾患等)のある患者[QT延長を起こすことがある。 投与経路:本剤は点滴静注にのみ使用する。

もっと

医療用医薬品 : レボフロキサシン (レボフロキサシン錠250mg「テバ」 他)

2.その他の副作用:副作用が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。 ただ500mg錠は大きく、服用しにくいとの声を聞くことがある。 (50代開業医、総合診療科)• 2. 〈効能共通〉腎機能低下患者では高い血中濃度が持続するので、次の用法及び用量を目安として、必要に応じて投与量を減じ、投与間隔をあけて投与することが望ましい〔9. Ccr<20 初日500mgを1回,3日目以降250mgを2日に1回投与する。 4. 〈効能共通〉長期投与が必要となる場合には、経過観察を十分に行うこと。

もっと

レボフロキサシン

3. 〈効能共通〉大動脈瘤、大動脈解離を引き起こすことがあるので、観察を十分に行うとともに、腹部、胸部又は背部に痛み等の症状があらわれた場合には直ちに医師の診察を受けるよう患者に指導すること〔9. ] 大動脈瘤又は大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくはリスク因子(マルファン症候群等)を有する患者[海外の疫学研究において、フルオロキノロン系抗菌薬投与後に大動脈瘤及び大動脈解離の発生リスクが増加したとの報告がある(「2. ・尿路感染ではいざという症例(腎盂腎炎など)にはよく効きますので、昔から使っています。 ・有効性が広域で、内服が1日1回で飲み忘れが極めて少なく管理できる。

もっと

医療用医薬品 : レボフロキサシン (レボフロキサシン錠250mg「SUN」 他)

感染性腸炎• 副睾丸炎• 胆管炎• キノロン系抗菌薬に対し過敏症の既往歴のある患者 ただし、本剤又はオフロキサシンに対し過敏症の既往歴のある患者には投与しないこと 〔2. 本剤によるショック、アナフィラキシーの発生を確実に予知できる方法がないので、次の措置をとること。 炭疽の発症及び進展の抑制には、欧州医薬品庁(EMA)が60日間の投与を推奨している。

もっと