セシウム と 少女。 『セシウムと少女』 アニメ、阿佐ヶ谷、反核の「3A」映画。何も終わってない、つーか何もはじまってないまま映画だけが終わってしまった(柳下毅一郎)

セシウムと少女の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

杉井ギザブロー /アニメーション映画監督(「銀河鉄道の夜」) これは傑作だ! いつもは映画は寝ちゃうけれど、これは寝なかった! 久里洋二 /アニメーション作家・画家 この映画から、書庫に対する才谷さんの敬意が伝わりました。 これまでの映画祭受賞一覧(PDFリンク)をアップしました。 「セシウムと少女」監督:才谷遼 現職は株式会社ふゅーじょんぷろだくと代表取締役、ラピュタ阿佐ヶ谷館主。 宝田明 /俳優 原発事故を扱った映画はどれも怒りや悲しみを前面に出すものばかりだった。 寺脇研 /映画評論家 この映画は優しい映画だ。 の話題はその話の前後に唐突に出てくる感じではあるが、そこまで押し付けがましかったりヒステリックという「いかにも」な感じはしなかった。

もっと

セシウムの影響とは?人体への恐怖をアナタに!

抜群の記憶力で成績はいつもトップクラスの優等生だが、周囲からかなり浮いた存在としてあまり居心地の良くない日々を過ごしている。 あらすじ 両親と一緒に阿佐ヶ谷で生活している17歳の高校生ミミ(白波瀬海来)は、成績優秀だが、常に疎外感があった。 もちろん、17歳の少女ミミちゃんの視点を通して、時にファンタジックに、時にリアルに、時にノスタルジックに、かつてみたことない映像体験が展開する。 が登場するたび間にはさまれるアニメーションは、その道で有名なアニメーション作家によるものらしいが、その方面に詳しくないので、突然始まる白昼夢のような印象を受け、この映画のタイトルの直球な感じをやわらげていた。 最後にさんの主題歌が流れるのも、映画を最後まで見る大きな楽しみであり。 しかるに当の問題意識、「右か左か」(=保守系か、あるいは左翼・リベラル系か)という二者択一の図式では、まったく割り切れません。 主に監督、アニメーター、イラストレーター、様々なブランドのアートディレクション、教育 テレビなど。

もっと

セシウムと少女の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

阿佐ヶ谷に住む少女と7人の奇妙でくたびれた神々が、逃げた九官鳥を探して東京中を駆け巡る姿を描いた冒険ファンタジー。

もっと

楽天ブックス: セシウムと少女

両親と3人、中央線阿佐ヶ谷で暮らしている。 抜群の記憶力で成績はいつもトップクラス。 これが第一作です。 (作品資料より). 同時に東京という大都市の都市論でもあり、近代日本論でもある。 白血病…セシウムがある所には5%~10%程度のストロンチウムが存在するとされる。 そうです、タイトルにもあるとおり、反原発というのがひとつのモチーフになっています。 わが『愛国のパラドックス』のサブタイトルではありませんが、まさに「〈右か左か〉の時代は終わった」という映画なのです。

もっと

セシウムと少女|MOVIE WALKER PRESS

3月19日~25日まで• ブログ ツイッター ーーー発行者よりーーー 【PR】 少子高齢化に伴う生産年齢人口比率の低下。 劇中のジオラマを立体画家の名匠はがいちよう。 2015年• 南部英夫/映画監督・脚本家 次にどんな展開がくるのかまったく予想できず、突然のアニメーション&ミュージカルが また素晴らしく、いつしかストーリーを追うことなどどうでもよくなり永遠にこの映画に身を まかせていたかったのですが、エンドロールの知久さんの歌で全身鳥肌大感動しました。 ほか、神様たちに、映画界からベテラン・川津祐介、山谷初男、演劇界から長森雅人(無名塾)、個性派飯田孝男(発見の会)、なんきん(ワハハ本舗)らが集合。 (紙版) (電子版) 実際、最初に観たときに私が実感したのは、 「3・11」(=福島原発事故)は、「3・10」(=東京大空襲)の翌日なんだなあ・・・ ということ。 さてそんな具合に映画界でも一家を為した才谷氏、東日本大震災による福島原発事故を受け、ひさびさに反原発の血が騒いだのか、じゃあ映画を……くりかえしになりますが、才谷氏、金と人脈はある。

もっと

才谷遼/セシウムと少女

そんなわけで試写後、才谷監督(じつは以前より面識があるのです)に、 「3・10と3・11のつながりがテーマなんでしょう?」 と聞いてみました。 映画、舞台、CM、PV,TVと個性的なマスクを生かし、幅広く活躍。 profile 吉野 ナオコ フリーのイラストレーターとして活動した後、 東京・阿佐ヶ谷に設立された「アート・アニメーションのちいさな学校」に入学。

もっと

映画「セシウムと少女」オフィシャルサイト

敗戦処理に関する不備が、現在の閉塞につながっている、そう形容することもできるでしょう。 原発事故の影響で、セシウムまじりの雨が降った東京を舞台に、ちょっと変わり者だが元気のいい少女「ミミちゃん」が、雷神、風神などの日本古来の神々と出会うという奇想天外なファンタジー。 両親と3人、中央線阿佐ヶ谷で暮らしている。 以下同じ) ここで表明されている問題意識を整理すれば、次のようになります。

もっと