Y mobile。 Y!mobile

Account

mobile services, see and Ymobile Corporation ワイモバイル株式会社 , stylized Y! 形状はストレート型。 基準となるパケット通信量累計が1GBの料金プラン• また、防水性能に関してはキャップレス構造で実現している。

もっと

Ymobile

旧ウィルコム、旧イー・モバイル両ブランドで発売されていたスマートフォン「STREAM(ストリーム)」の「Y! mobileブランド 旧ブランド契約を含む からの契約変更により、SoftBankブランド契約のiPhoneの加入が可能となっている。 電池容量は3,100mAh• ただし、SoftBankブランドと同様、ソフトバンク株式会社の商品コードは設定されている。 赤外線機能やワンセグは搭載されない。 2016年 [ ] スマートフォン [ ]• 2017年6月30日付で新規受付を終了した。 Android One X5 12月13日発売(LGエレクトロニクス製)• モバイルライト付のカメラを搭載。 これらのサービスを利用して端末を購入 機種変更 した場合、機種変更時の利用期間がリセットされ、その日から再度利用期間のカウントが開始される。 接続によるテザリング 4xパケット 対応 ・ に対応。

もっと

Y!mobile

いわゆる「持ち込み新規」 [ ]• PHSの場合 2018年3月31日にPHSの新規契約受付は終了となった。 6mm、高さ約56mm、厚さ約13mm、重量約75gの小型・軽量設計。 2018年6月の料金プラン改定では、従来提供されていた「スマホプラン割引」が終了される替わりに、基本料金が「スマホプラン割引」適応額分値下げ。 カメラは約1,300万画素と約500万画素のデュアルカメラを搭載する。

もっと

Ymobile

製造メーカーを示す符号はない。 IPX5・IPX7等級相当の防水・IP5X等級相当の防塵・MIL規格準拠の耐衝撃性能に対応。 FJ:(旧イー・モバイルブランド端末はの扱い)• 旧イー・アクセス回線を利用したデータ契約は「データ通信サービス」 と規定され、区別されている。

もっと

English Guide|Y!mobile

スマホプラン - タイプ2及びタイプ3(いずれも「スマホベーシックプラン」を含む)の契約は2015年9月30日付、タイプ1の契約についても「スマホベーシックプラン」への一本化に伴い2019年9月30日付で順次新受付が終了となった。 これらの製品はSoftbankブランドからもY! 新規契約と同時に家族割引サービスの申込を行った場合、副回線の契約事務手数料が無料となる。 スマートフォンについては、当初はAndroid端末を投入していたが、2016年春にiPhoneを投入。 「アドバンスオプション」の加入有無を問わず、いわゆる による低速化もある 後記。 所定のデータ通信量を超過した場合は低速化する 低速化解除は有料。 端末の種類により、• とイー・アクセス時代からの契約などについては、別途約款が規定されている(それ以外は、「電話サービス タイプ1・2・3 」、「PHSサービス」、「データ通信サービス」へ移行されている)。

もっと

Account

国際ローミング非対応。 メール機能・メモリーカードスロット・カメラ・ドキュメントビューア機能は非搭載。 PHSのキャリアメールについては、次のような取り扱いもある。 mobile指定機種との交換になる。 なお、本モデルはSoftBankブランドからも「AQUOSケータイ(品番名:)」として発売されるが、SoftBankブランドよりもカラーバリエーションが少なくなる レッド・ホワイト・ブラックの3色のみ 違いがある(ちなみにSoftBankブランドモデルでは8色設定されている)。 通信方式はTDD-LTEとAXGPの2種類が利用可能となる。 7:Shock-ProcedurelV に 準拠した耐衝撃性能を備える。

もっと

Y Mobile APP

請求先を統合していること 同一の請求書による請求。 画面サイズは約5. また、店舗によっては、端末毎に対応可否が異なるケースもあるため、カスタマーセンターでは、事前に手続きを行う予定のショップに問い合わせすることを推奨していた。 キャリアメール MMS やデータ通信を利用する場合には、「ベーシックパック(SoftBankブランドでの「」相当)」及び「パケット定額」の加入が必要 である。 国際ローミング対応。

もっと

Y!mobile

メールアドレスの継承についてはのとおり。 利用者専用ログインサイト [ ] ワイモバイル発足前は、旧来の「My WILLCOM」および「My EMOBILE」並びになどの利用者が「My SoftBank」に乗り入れるという形で、ログインサイトが旧社・利用形態ごとに分かれていたが、ワイモバイル発足後 2014年8月以降 は、名称を「My Y! に限り、県内のPHSを管轄していたウィルコム沖縄がY! mobile発足以前のデータ契約については、2018年7月31日でキャリアメールのサービスを終了する旨の告知が、2017年6月15日付けでなされた。 バッテリー容量は6,500mAh。 mobileブランドのタブレットで初めて、ワンセグ及びフルセグに対応している。 幅約90. メールアドレス [ ] キャリアメール [ ] いわゆる、「」は、2014年8月以降に新規発行あるいは変更した場合は、以下のドメインが割り当てられる。

もっと