フラッター エコー。 音の基礎知識:防音室の知識|SOUND DESIGN|DAIKEN-大建工業

日光東照宮「鳴き龍」声の理由を仕組みや歴史で解明!場所と行き方も

また家具を置いたりしてなるべく対面と平行にしないように工夫しましょう。 低音域以上に高音域を吸音してしまう市販の吸音パネルは使用禁止です、高音域の損失が大きく、ブーミングが助長されたように感じるはずです。 連続的な音でも、やはりその周期が 50 ms (20 Hz) を超えると、その周期を捉えることができるようになるんだ。 背面はチューニングの様子を見てパネルを追加するか別の方法で処理するか検討中です。

もっと

これから防音工事をする人必見!いい音の大敵!2大音響障害

でも、ご安心ください。 翻訳されたものが誠文堂新光社から出版されています。 波長、振幅、速さが等しい2つの波が同一直線上で反対向きに進んで重なるとき定在波という波が生まれます。 自分の声が自分じゃないみたいです。 特にコーナーは振動の節になる場所なので、そこに吸音性のものを置くと効果的吸音ができます。 定在波は部屋の音響全体にも関係してくるので、ルームチューニングを難しくしている要因でもあります。

もっと

音響障害を改善する方法とは?

予定していた訪問記は少しお預けとなり、ブログの更新が伸びてしまいました。 こんにちは。 しかも取りきれないミッドバスのフラッターは定在波や壁振動の低音と合体してブーミングの原因にもなります。 コンサートホールでは壁を斜めにすることで解消しています。

もっと

その11 定在波対策を徹底しないと、機材の本当の音は聴けない!?

では、吸音材を設置するのに最適な場所はどこでしょう。 各ユニットから放出された音が、耳の位置で完全にブレンドされていなければなりません。 コラム2 LV1200のa, b, c, d, ポイント =図1= の裏側の低域吸音パネルに振動センサを取り付け、サブウーファ(SW1600D)による10Hz~1kHzのスイープ信号で加振して振動レベルを書き重ねたものが =データ5= です。 鉄筋コンクリートの部屋です。 手元に丁度良い図がありましたのでご覧ください。 その理由をこのページで説明すると長くなるので、とりあえず「音のチェックは左右、どちらか一本ずつを鳴らして、交互に行う」と覚えてください。

もっと

ルームチューンの基礎知識

なるべく、定在波を作らない設計が好ましくなります。 天井に吸音材を設置する際も同様に、スピーカーと自分がいるポジションの中間地点に設置しましょう。 また、平行面の間で音が延々と反射を繰り返す障害が「フラッターエコー」。 適度な響き、それもきれいな響きが得られる部屋が理想です。 天井を吸音するのは難しいので、吸音性の高いカーペットをスピーカーの前に敷くのが簡単です。 php 特集の配置が逆順なので下から読み進んでください。 これにより部屋内の低音吸音に繋がります。

もっと

【部屋の】なぜレコーディングスタジオの形はいびつなのか【音響対策】

個人的には若干異論もあるのですがリスニングという視点で書かれていますので参考になると思います。 なるべく、定在波を作らない設計が好ましくなります。 優先度が低いとみなされてるんでしょうかね。 このような現象をと呼び、平行面が広いほど、また重くて厚い材質が使われているほど顕著に現れます。 吸収力が高いほど、残響フィールドは小さくなります。

もっと