アルバート パイク。 第八回 アルバート・パイクの経歴と中央銀行

黒い教皇アルバート・パイクの第三次世界大戦のシナリオ

どこかにある権力がある。 新たなテロの驚異として、米国では既に第三次世界大戦が始まっているとする見方もある。 そのコンスタンチノープルに、フランスのマルセイユにあるユダヤ・コミュニティから手紙が届いた。 何故なら動植物界には食物連鎖や天敵などの、増えすぎた単一種の数の制限を自然にもたらすルールがあるのですが、自然の脅威を除いて、人間の場合は文化の発達により、文明の利器が溢れすぎて容易に死なず、天敵もさしたる理由もなく互いを殺し合う以外に人口の減少はないということでしょうか。

もっと

黒い教皇アルバート・パイクの第三次世界大戦のシナリオ

だから、それを非難するときは、彼らは声をひそめる必要があると。 けれども作家が使うだろう印象的な言葉が,意図したように読者に理解されないと,読 者を困惑させ,その最初の目的は失敗するだろう。 重要なことは、個性は決して同じでないということです。 結局、無罪放免である。 ここで、難民問題を考えてみたいと思います。 すべては前もって仕組まれていたのだ。

もっと

フリーメイソンの黒い教皇の予言:第三次世界大戦とその後の世界

それゆえ、の社員が退職後にの官僚になったり、東大のの教授になったりすることは、「転職」ではなく、「人事異動」なのである。 15歳でに入学。 アラル海の自然は元に戻ることはありませんでした。 一九三八年一二月に策定された「ユダヤ人対策要綱」は、ユダヤ人迫害は日本の長年の主張である人種平等精神に悖ること、ユダヤ人を他国人同様公平に取り扱うぺきことを謳っています。

もっと

アルバート・パイク2&メイソ

また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」と述べているが、それは当時の人類の文明が低かったからで、科学的知識が豊富な現在においては、自然界との共存共栄を訴えておられます。 1世紀以上前,アルバート・パイクと他のメソニック学者が, 『ルシフェリアン・パス』(Luciferian path)や『ルシファーのエネルギー』(energies of Lucifer)について語った時,『明けの明星』,『光の運搬人』,『光の探求』(暗闇,邪悪な 悪魔とは反対のものである)を引き合いにだしている。 国が違うとは言っても、それは同じグループ内での人事異動にすぎない。 つまり、彼の書いた手紙は 予言ではなく計画書なのかもしれません。 「 第一次世界大戦は、ツァーリズムの ロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。 平和がもたらされると信じることです。 実際2015年、トランプ大統領が誕生する前、トランプ氏の息子が「もし父が大統領になったら、アメリカを牛耳る闇の世界の人たちは、非常に困るだろう」という談話を発表している。

もっと