四日市 合成。 【Vol.1】四日市合成株式会社

四日市合成とは

)は、三重県四日市市に本社・工場を置く化学メーカー。 平野:大手が参入してこない市場で、機能や用途ごとに少量の製品にも対応できる! ということが御社の強みになっているんですね! 2つ目の「品質における優位性」というのは、どういったことなんでしょうか? 和泉社長:「良い品質のものを提供しよう」という気持ちを全社員が持っていることですかね。

もっと

四日市合成とは

機能材料原料• フェノキシエタノールは防腐剤として広く認知されており、化粧品やヘアケア商品で多くの使用実績があります。 そのためにも、環境(プラント)の整備を徹底しています。 受託生産 脚注 [編集 ] []. 又、アルキレンオキサイドを付加して得られる化合物は香粧品基材として使用されます。

もっと

化粧品原料

機能材料 - 塩化コリン、エマルション造膜助剤など• との共同出資により設立され、各種ファインケミカル製品の製造を行う。 - フェノキシエタノール、フェノキシプロパノール• 樹脂改良剤• 六呂見工場 - 〒510-0881 三重県四日市市六呂見710番地• ステアリルグリシジルエーテル、セチルグリシジルエーテルは、当社が保有するグリシジルエーテル化技術を用い製造される化合物であり、アルキルグリセリルエーテルの原料として使用実績があります。 実はその裏付けとして、"海外に生産・販売拠点をもつ大手取引先メーカーさん"が毎年1回、半年間開催されている『グローバルテクノスクール』という社内研修があるんですが、その研修に参加されている世界各国のフォアマン(職長)40人くらいが、バスで、弊社まで来て、弊社のプラントを見学するというコースがあるくらいなんです。 四日市合成株式会社 Yokkaichi Chemical Co. 事業所 [編集 ]• セラキルアルコールはグリセリンモノオレイルエーテルとも呼ばれ、長鎖アルキル(オレイル)基と2個の水酸基を持つアルコールであり、保湿剤として使用されます。 本社・四日市工場 - 〒510-0843 宮東町二丁目1番地• 原料 - 、保湿剤、親水性基材、反応原料など• 東京事務所 - 〒101-0047 二丁目12番6号 主な製品 [編集 ] アルキレンオキシド付加、化、グリシジル化などの技術を得意とし、下記の分野の製品を製造している。

もっと

四日市合成とは

希釈剤•。 ポリグリセリンは多くの水酸基を保有、この水酸基を脂肪酸でエステル化する事で安全性の高い乳化剤が得られます。 。

もっと

四日市合成

。 。 。 。 。 。

もっと

四日市合成

。 。 。 。 。 。

もっと

化粧品原料

。 。 。 。 。

もっと

四日市合成とは

。 。 。

もっと