秋田 米 ネーミング。 全国お米の名前の由来・語源一覧・まとめ

ごはんのふるさと秋田へ

その時に、彼が「お米は実家から送ってきたのがあるから、それを食べてよ」と言ってくれたので、みんなでごちそうになることにしました。 TEL:018-860-1784• 「ひと粒ひと粒がふっくらとした、おいしそうなイメージ」が由来です。 その際、食味や外観、ブランドコンセプトといった特徴は明記するが、「秋田らしさ」などの要件は付さないという。 つまりコシヒカリより早生の米という意味からこの名前が名づけられました。

もっと

新品種米は「サキホコレ」 秋系821、都内で発表【動画】|秋田魁新報電子版

本格作付けする22年度の面積は800ヘクタール、収穫量は4千トンを見込んでいる。 郷里に誇りを持つという意味もある。 作品を公開することが適切でないと秋田県が判断するもの。 この度、専門家による審査により、最終候補とする6案を選考し、商標登録を出願しましたので、お知らせします。 語呂もいい」と説明。 1.応募状況 ・応募期間:令和2年4月7日(火)から5月17日(日)まで ・応募総数:250,893件 2.選考状況 令和2年8月25日(火)に、秋田米新品種ブランド化戦略本部名称選考部会を開催し、次の6案を最終候補として選考しました。 賞品 最優秀賞:1名様 賞金100万円 + 新品種米30kg 優秀賞:4名様 秋田県産農林水産物5万円相当 + 新品種米5kg 審査員特別賞:若干名様 大館曲げわっぱお弁当箱+新品種米5kg 秋系821賞:ご応募いただいた方の中から抽選で300名様 新品種米2合分 4. 同推進室によると、公募で「サキホコレ」の名称案を出した人は複数いた。

もっと

「秋田米ネーミング応募」で賞金100万円と新品種米30㎏が当たるかも!秋田米・新品種「秋系821」の名前案募集2020年5月17日まで

日本晴 熟色が極めて鮮麗である特性と、世代促進による育成種第1号であることを記念しての命名であるが、これは早生には「晴」、中生には「風」という共通名を付ける考え方があった開発当時の通例により名づけられました。 どなたでも自由にご応募ください。 ササニシキ ササシグレとハツニシキの品種改良でかけあわせ、良質でいもち抵抗性が強く稈がしなやかな優点を兼ね具えていることから、それぞれのいい所をとれるようにと名づけらました。

もっと

賞金100万円!秋田の新ブランド米、名称公募始まる|秋田魁新報電子版

記入がない場合は審査の対象外となります。 一粒ひとつぶに「秋田の地力」がつまった、米どころ秋田県が自信を持ってお届けするお米に、全国の皆様から素敵なネーミング案を応募していただけるよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。 名称決定を受けて県は21日、秋田市のイオンモール秋田で名称周知イベントを開催し、来場者にサンプル米を配布する。 1.応募状況 ・応募期間:令和2年4月7日(火)から5月17日(日)まで ・応募総数:250,893件 2.選考状況 令和2年8月25日(火)に、秋田米新品種ブランド化戦略本部名称選考部会を開催し、次の6案を最終候補として選考しました。 晴れ渡った空に突如現れた稲妻のように、驚くほどおいしいお米というイメージにぴったりだ、と決まった。 秋田県は7日、2022年度にデビューする県オリジナル新品種米「秋系821」の名称の公募を始めた。 さらに、秋田名物「ぼだっこ(塩辛い鮭)」と「サキホコレ」を一緒に食べた佐々木は「この組み合わせ、最高ですね」とうっとり。

もっと

ごはんのふるさと秋田へ

全国から1万1千件の応募があり、専門家らによる絞り込みを経て知事が決めた。 佐竹敬久知事が決定した新品種の名称「サキホコレ」を、ゲストにお招きした秋田県出身の佐々木希さんより発表いただきました。 ネーミング案は「ひらがな」、「カタカナ」、「漢字」、「数字」、「ローマ字」いずれも使用可能(組み合わせも可能)です。 今春実施した秋田米新品種「秋系821」ネーミング案公募では、全国から25万件を超える応募が寄せられ、最終候補として6案が選出された。 ゴロピカリ 「月の光」と「コシヒカリ」を掛け合わせた品種のお米で群馬県の総合試験場で作られました。

もっと

賞金100万円!秋田の新ブランド米、名称公募始まる|秋田魁新報電子版

アケボノ 西日本に広く作付けされている旭(朝日)を対象として、これらの類語(曙)を採り、岡山県で多く作られ、ユーバエ(夕映え)とともに、将来、旭品種に代替することを期待して名づけられました。 みえのゆめ 三重県での実りの時期、収穫の時期が、早くも遅くもない中生品種として期待されてきたことから、その期待感を「ゆめ」という言葉に例えてなぞらえて、この名前が名づけられました。 FAX:018-860-3898• あきたこまち 「コシヒカリ」に「奥羽209号」を掛け合わせた品種を秋田県雄勝町小野の里に生まれたと伝わる小野小町にちなみ、おいしい米として有名になってほしいとの願いをこめて名づけられました。 ななつぼし 一般から公募し多数の応募の中からから選ばれました。 青森県の担当者は「これまで県産米の評価は高くなかったが、新品種は素晴らしい食味になった。 日本人が慣れ親しんだ王道のお米だ」と語った。

もっと

「秋田米ネーミング応募」で賞金100万円と新品種米30㎏が当たるかも!秋田米・新品種「秋系821」の名前案募集2020年5月17日まで

私は息子がいるんですが、食育も大切にしたいし、このお米を食べて元気にすくすく育ってほしいです」と締めくくった。 にこまる 九州のブランド米「ヒノヒカリ」に代わりうる品種として、おいしさ、品質、収量の3拍子揃った米を目標に開発された品種おいしくて笑顔がこぼれる品種でありたいと名づけられました。 もっちりとしていて、甘くて、兎に角美味しかったので、それからしばらくは、あきたこまちしか買わなくなりました。 応募規定• 現在の秋田のお米ラインナップは以下になっています。

もっと

新品種米は「サキホコレ」 秋系821、都内で発表【動画】|秋田魁新報電子版

秋田の新しいお米 「サキホコレ」に決定です! — 【サキホコレ】秋田のお米名称公募事務局【決定】 AName821 秋田県は18日、賞金100万円などを用意して 5月17日まで公募した県産の次世代ブランド米「秋系821」のネーミング案が、国内外から21万7641件(17日午後4時時点)寄せられたと発表した。 たかたのゆめ 被災地からみんなの夢と希望を乗せて羽ばたいて欲しい思いを込めて名付けられました。 ほしのゆめ 北海道の夜空に輝く星のようにきれいで、つやのあるおいしいご飯をイメージさせるとともに、北海道の農家の方の米づくりに対する夢の実現を表現してこの名前が名づけられました。 40代女性. 公募概要 1. 応募要項 応募資格 年齢、性別、国籍を問いません。 佐竹知事は名称を選んだ理由について「稲に小さな花が咲き誇る情景を思い浮かべた。 さとじまん 研究所が暖かい地域の水田でおいしいお米ができるように改良してつくった品種。 佐竹知事は名称について「稲の小さな花が咲き誇り、実りつつある情景が思い浮かび、県民歌の一節「黄金と実りて豊けき秋田」が想像された。

もっと

賞金100万円!秋田の新ブランド米、名称公募始まる|秋田魁新報電子版

FAX:018-860-3898• 秋田県がコメどころの威信をかけて育種した極良食味米「秋系821」の商品名(登録品種名)が、今年11月に発表される。 彩のかがやき 農家や消費者から名称を公募し、埼玉県のPRのキャッチフレーズ「彩の国さいたま」のお米の輝く未来をイメージした名称を採用した。 1 名称周知キックオフイベント(11月21日(土):イオンモール秋田) 2 名称周知キャラバン(11月28日(土)~12月13日(日):県内5カ所) 3 サンプル米配布キャンペーン(11月28日(土)~12月13日(日):県内外の米穀店等) 4 先行提供キャンペーン(11月28日(土)~12月13日(日):県内外の宿泊施設等) 詳細については、11月18日頃に秋田米ウェブサイトへ掲載します。 明るい未来を感じさせる ネーミングに込めた思い• 市場デビューは2022年度の予定。 ふっくりんこ 一般公募で募集され、選考委員会によって選ばれました。

もっと