エピファネイア 産 駒。 【新種牡馬エピファネイアの正体】早期から短距離でも活躍のうれしい誤算

ノルマンディー2020年募集馬㉗ローザレーヌの19

この馬は血統以上に歩様が固めで、 このあたりが母のダート馬だった部分の要素が出ているのかな、 という感じです。

もっと

エピファネイアの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】|ほどよい競馬

父 シンボリクリスエス産駒とはずいぶんと趣が異なっている。 (所属) 前走 着 2018 牝 栗東 70. 「けい養初年度から毎年200頭以上の種付けをこなしているように、馬産地の人気も高いです。 自身はエクリプス賞最優秀短距離牝馬で海外でG1勝利を含む通算12勝を挙げたスピードスター、母としては皐月賞馬アルアインなどを輩出した名牝と呼べる存在。 牡 2000 青鹿毛• サンデーサイレンスのクロス持ち・ノーザンファーム生産・母に実績・母父がキングカメハメハという点で共通点のあるディアドラマドレの2017とも迷いましたが、厩舎力を考えこちらをランクイン。 多少緩めの馬場も幸いし、パワーが十分に活きた。 シーディドアラバイの17 シーディドアラバイの2017 は、アヴェンチュラと同じく母父がジャングルポケット。 6%を大きく上回ります。

もっと

種牡馬情報:産駒一覧(エピファネイア)|現役馬|JBISサーチ(JBIS

牡 1999 鹿毛 地方17勝• 「自身はためて切れるというより、ある程度速いペースについて行って、後続に脚を使わせて押し切るスタイルの馬でした。 牝 2008 鹿毛• エピファネイア産駒がボリクリ産駒と同じ傾向になるとは限りませんし、初年度産駒のうちからそんなことを気にして敬遠していては、大きな成功はつかめないのではないかと考えています。 明らかに良い馬が回ってきてる状況で、ここは結果を残していきたいところと正に注目。 牡 2007 黒鹿毛 1勝• 産駒が早い時期からこんなに勝ち上がるとは予想していませんでした」。 1歳上の姉であるコパカティは初仔ながら460kg前後と良い好馬体の持ち主で、血統の良さがはっきりと出ています。

もっと

【新種牡馬エピファネイアの正体】早期から短距離でも活躍のうれしい誤算

エピファネイア産駒の特徴1. 地味で渋い母系の馬からも重賞級の素材が出てくるのではないでしょうか。 産駒 2頭はどちらも未勝利を勝ち上がれず、地方で現役で走っています。 たとえばデアリングタクトの父エピファネイアは、2年前の今頃は産駒が1頭もいませんでした。 3代母ポトリザリスは アルゼンチンの G1馬で、そこにサンデーサイレンスを付けて生まれた 2代母ディアデラノビアは重賞を 3勝。 牡 1997 鹿毛 3勝• その横山 武 Jは、昨年はウインマリリンでフローラ賞 G2 を制しオークスは落馬負傷で無念の乗り替わり…でしたが、今年は現在デビュー2連勝でコスモス賞 OP をウインアグライアの主戦でもあり既に勝ち星もキャリアハイ。 …と言って、自分を奮い立たせています 笑。

もっと

【POG】エピファネイア産駒で母ケイティーズハートの2018となるエフフォーリアの2歳情報

2020年 産駒の デアリングタクトが牝馬三冠を達成 主な競争成績 14戦6勝• トニービン産駒のジャングルポケットが母父に入るこの配合も、安定性はあるかもしれませんが 爆発力に欠ける可能性があります。 血統はアヴェンチュラにかなり劣ると思いますが、 配合的にはこちらのほうが良いと見ています。

もっと

エピファネイアの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】|ほどよい競馬

2010年 ノーザンファーム生産• 牡 2015 鹿毛• 初年度産駒なので父の傾向から探る ディアデラマドレとアヴェンチュラについては改めて記事を書くと思いますが、ここで 6頭すべてについて短評をまとめておきます。

もっと

エピファネイアの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】|ほどよい競馬

ヒシアマゾンやアドマイヤムーンの名が… 母のケイティーズハートですが、ハーツクライ産駒ですね。 「ただ、産駒がこんなに早い時期から活躍するとは思っていなかったんです」とも。 残る2頭のステイゴールド、ゴールドアリュールは死亡しているので、実質全てのトップサイヤーがこのスタリオンに集まっていることになる。 もちろん重賞勝ち馬はいません。 この母系は能力は非常に高いですが、故障や早世に悩まされている一族でもあります。 2番仔のアロマティコの2017に関しても好馬体ですし、何よりもかなり順調に調整が進んでいることが素晴らしい点です。 古くから「名牝系の繁殖は成功しやすい」という血統格言があります。

もっと