ゴッホ 自画像。 37点の自画像から読み解く ファン・ゴッホの心情の変化と遷移

ゴッホの自画像:鑑賞と解説

12月27日にオーギュスティーヌ・ルーランが面会に訪れた後、ファン・ゴッホは再び発作を起こし、病院の監禁室に隔離された。 ところがゴッホは、月に1枚くらいのペースで自画像を描いていました。

もっと

ゴッホの自画像:鑑賞と解説

ゴーギャンと口論になり自分の耳を剃刀で切り落とすというすさまじい事件だったにもかかわらず、自画像の中のゴッホはどこか穏やかな表情をしています。 そのような西洋美術の世界に、ゴッホは自らの抱える情熱や不安、感動を表現した絵画を打ち出しました。 このアルルでのゴッホの意欲的(希望的)で壮大な計画は、他の画家仲間から賛同を得るには至らず、結局、同時期に総合主義を確立させた(ポン=タヴェン派)の指導者的立場に近かったのみがブルターニュから参加するのみであった。 (2)中期の作品と特徴・・・研究・実験期 色が増えてあざやかになりましたねー! この時期の作風は、以前のものと大きく変わります。 とても青が美しい一枚です。 パリに戻ってきてからは、郊外で制作している若い画家に絵の具を売って歩いて生活していた。

もっと

37点の自画像から読み解く ファン・ゴッホの心情の変化と遷移

いささか不気味な話ではありますが、また感慨深くもありますね。 ガッシュ医師はセザンヌやピサロ、ギヨーマンたちの友人であった。 この時まで2人で散歩し、にわか雨に遭って風車小屋でミルクを飲んだことを、ファン・ゴッホは後に鮮やかな思い出として回想している。 1884年の夏、近くに住む10歳年上の女性マルホット(マルガレータ・ベーヘマン)と恋仲になった。 同年(1876年)4月、ファン・ゴッホはイギリスに戻り、の港を見下ろす、ストークス氏の経営する小さな寄宿学校で無給で教師として働くこととなった。

もっと

《自画像(渦巻く青い背景の中の自画像)》フィンセント・ファン・ゴッホ|MUSEY[ミュージー]

生前に売れた絵は1点だけだったが、その頃には既に、画家仲間から作品は知られるようになり、評価され始めた時期であった。 同年11月第1週から、同アカデミーの「アンティーク作品からの素描」というコースに登録した記録が残っており、実際に短期間出席したものと見られている。 虚ろな眼差し、上部で初夏の光と溶け合うリンデンの葉の色合いが印象的でした。

もっと

フィンセント・ファン・ゴッホ

いかにも不幸そうな少女ではあるが、この視覚の強さは、ゴッホの驚嘆すべき力であるし、ゴッホ自身を地獄の底から救い上げる情熱でもある。 ケーはアムステルダムに帰ってしまったが、ファン・ゴッホは彼女への思いを諦めきれず、ケーに何度も手紙を書き、11月末には、テオに無心した金でアムステルダムのストリッケル牧師の家を訪ねた。 このことを西岡文彦氏はその著書「謎解きゴッホ: 見方の極意 魂のタッチ」の中で以下のように述べています。 5 cm、 ()蔵• 精神的な不安定さを示すほどのうねりの表現を弟テオをして、 『これまでなかったような色彩の迫力があるが、形をねじ曲げて表現することに没頭すると、危険な状態に陥るかもしれない』と危惧させた。 第一章 | 印象派• 伯父ストリッケル牧師の頑迷な態度は、ファン・ゴッホに聖職者たちへの疑念を呼び起こし、父やストリッケル牧師の世代との溝を強く意識させることになった。 画材を売っていたタンギーは、貧乏な学生に作品と交換で画材を与えたので、かなりな量の作品を所蔵していた。

もっと