数値 規制 署名。 犬や猫の繁殖・販売業者への数値規制 なぜ必要?今後の焦点は?

動物愛護法の『数値規制』とは。何が変わるの?私たちにできることは?

環境省による審議会や検討会の場でのヒアリングでは、「動物との共生を考える連絡会」(代表=青木貢一・獣医師)など動物愛護団体からは、一部事項についてより高い水準の要望が出された。 しかし、心無い人間に傷つけられた罪のない小さな命を救うことを優先として毎日、日本の動物福祉問題の改善を求め保護活動を行っています。 環境省案の「6歳まで」というのは回数ではないため、法律に基づく内容にしていただきたいです。

もっと

犬や猫の繁殖・販売業者への数値規制 なぜ必要?今後の焦点は?

また2頭まで可なので、そこで例えば、片方の犬が出産した場合、大きなストレスがかかります。 愛護推進派の中には、犬猫で生活???って言われたりしますが。 7月10日の基本案から特段変更がされないことも予想されます。 大変参考になる資料です! 時間をかけて作られた数値規制案 アニドネスタッフは、これまで7回実施されてきた「」や 「」を傍聴してきました(すべてではありませんが)。 当協会 Evaも、今回まとめられたこの基準案を全面的に賛同するとともに、どの項目もとても重要 ですが、その中から、今回はケージの大きさや従業員数、繁殖回数などに絞り、当協会に提供された写真の数々とともに、なぜ規制が必要なのかご説明させていただきました。

もっと

「数値規制〜署名〜」【健康管理カラダカラノート】

一部の悪質のブリーダーや繁殖に関してのド素人な方達のせいで益々骨格、遺伝病などを無視したミックス犬や一般家庭の繁殖がふえてしまいますね. とのことでしたが、ブリーダーやペットショップ、猫カフェ以外の事業体でも適正に保管されていないことが散見することから、 第一種動物取扱業者に関しては、その対象事業体を 全てと要望いたします。 数値規制がないため悪質な環境で繁殖や販売されていても取り締まりができずにいた以前の状態に比べると大きく前進したと言えます。

もっと

「数値規制〜署名〜」【健康管理カラダカラノート】

本当は私たちが強く撲滅を望む1つにはペットショップでの生体販売廃止! があります。 8月12日には、第7回目の検討会が開催され、そして秋には中央環境審議会動物愛護部会にて審議、その後パブリックコメントが実施されます。 1」とするものもある。 ですが、7月10日に環境省から出された案では、なかなか現状を変えることが難しく、再度環境大臣に要望いたします。 でも、ちょっと考えてみてください。

もっと